徒然なるままに…。

自由に気ままに綴ります

オンライン英会話50日目の記録(最終回)

【50日目】

『フィリピン人、男性講師』

 

いつもは毎回初めての講師の人を選択するのですが

この日は以前レッスンをしてくれた

フィーリングの合う講師の方との

2度目のレッスンを選ぶことにした

彼は自分のことを覚えていてくれ嬉しかった

前回同様、優しく丁寧に心地良く教えてくれた

雰囲気や空気感が合う人と合わない人って

外国の人でも明確に分かるものですね

波長や波動は言語を越え伝わってきます

 

 

オンライン英会話を始めて50日間が過ぎました

自分の中でこの挑戦は大きな変化になりました

大袈裟かもしれませんが人生の分岐点の

一つになっているのかもしれないと思ってます

それだけ自分の中の未知の世界が

大きく広がっている感覚です

 

50日間で具体的に何が変わったのか?

 

もちろん、たった50日間では

英語が喋られるようにはなりません

それどころか自信を打ち砕かれました

なぜなら今まで勉強してきた英語が

見事に全く使いこなせなかったからです

知識として知ってるテスト勉強の為の英語と

会話で使える実用的な英語とでは

全く別のジャンル&能力なんだという

現実を突きつけられてしまいました

 

でも自分の英語力の無さを認識できたことは

オンライン英会話をやっていなかったら

気付けなかった事でもあったので

自分に何ができて何が足りないのかが

明確になった事は大きな収穫でした

 

どんな事柄でもそうですが

初めから上手に出来る人なんていませんよね

大切なのは自分の現状を素直に受け入れて

それらを一つ一つ克服していけばいいと思います

焦らず毎日1ミリずつ前進していければ

いつか成りたかった理想の自分へと

近づいて行けるのかなと思いながら

のらりくらり精進してます

 

 

オンライン英会話を始めてみての

一番の利点は外国の人と会話をすることに

慣れてきて抵抗がなくなってくる

という事だと感じてます

しっかりとした発音や文法などの

正確な英語を話せなかったとしても

相手は想像力と親切心を活用してくれ

言いたいことを汲み取ってくれるので

簡単な単語と熱意さえあれば

なんとかなるんだと思えました

またそんな優しい外国の人たちと繋がれ

コミュニケーションが取れてることも

英会話を始めてみて良かった点でもあります

 

 

そしてオンライン英会話を始めてみて

最も自分の心境に変化があった事は

世界は自分が思っている以上に広い

と実感できたことでした

これまで様々な国の人と触れ合ってきましたが

地球上には本当に色々な

国籍や文化や性格の人達がいて

様々な価値観があるという事を認識できました

 

それらを知ることで自分は

まだまだ、まだまだ、まだまだ

知らない事だらけなんだと知られた事が

最も貴重な経験となりました

 

もっともっと英語を勉強して

もっともっと世界中の人たちと触れ合い

もっともっと自分の価値観をぶっ壊しながら

少しでも人間として成長できればと思ってます

 

そして、いつの日か長い休暇をとり

大きなバックを背負って

自由気ままに世界中を旅してみたいです

それが今の自分の夢です

 

 

これまでオンライン英会話を始めて

50日間の記録を綴ってきましたが

こうやって実際に体験したことを文字にしてみると

客観的に自分自身を見られることができて

とても充実した時間を過ごせているのかなと

新しいチャレンジに充実感を得ています

 

今回の英会話の記録は今日で終わりにしますが

これからもオンライン英会話は続けていきます

果たして自分が英語を喋られるようになるのか

それはこれからの自分の情熱次第だと思います

これからも英会話を楽しみながら

凸凹と前進して行こうと思ってます

ちなみに今日は67日目のレッスンをしました

インドの年配の女性と

インド映画について楽しく会話をしました

 

これまで50日間の記録を読んでくれた皆さん

ありがとうございました。

 

f:id:ken03120:20220827180513j:image

 

それではまたCiao!

 

 

 

オンライン英会話43〜49日目の記録

最近、英語学習のYouTubeを見ることが多い

色々な人が英語の授業や勉強方法についての

動画をアップしてくれている

そんな英語動画を沢山オススメされるので

実際に英語を勉強する時間が削られている

そんな矛盾を繰り返しながら日々勉強してます

 

学生時代、勉強をしてこなかった自分からしたら

他の人がどのように勉強をしていて

どうしたら、より合理的に効率的に

学ぶことが出来るのかなどを

知ることができるのは興味深く楽しい

 

良い勉強方法は様々あると思いますが

動画でオススメされてる

質の高い勉強方法をまとめると

 

⚫︎どれだけ勉強の時間を確保して費やせるか

⚫︎常にモチベーションを維持し続けられるか

⚫︎勉強した事を実際に使う機会があるのか

⚫︎明確な目標や目的を持って勉強しているか

⚫︎スマホと距離を置けるか

 

そして一番大切なのが…

 

⚫︎勉強を楽しんでいるか

努力も大切ですが、やはり楽しでいる人は

最強という事なんでしょうね

 

自分はまだまだ楽しめるレベルまでには

ほど遠いいレベルですが

いつか英語が楽しいと思える

そんな時が訪れることを信じて進んでます

 

それでは先週のオンライン英会話の記録です

ひーうぃーごー!(Here we go)

 

 

【43日目】

ジンバブエ人、男性講師』

 

この日は音声トラブルでお互いの声が

25分間ずっと届かなかった

なので映像とチャットの文字だけで

日常会話のやり取りをして過ごした

文字だけの意思疎通は新鮮で楽しかった

彼はジンバブエの有名な食べ物や

有名な街の画像などを送ってくれた

日本語でもそうですが自分は会話よりも

文字でのやり取りの方が好きなんだと

認識できたのでラッキーなトラブルでした

 

 

【44日目】

ザンビア人、女性講師』

 

今は英検準二級の勉強をしているのですが

これまで勉強してきたはずの事が

いざ会話になると全く使いこなせないという

現実にぶつかってしまい落胆としていた

このまま使えもしない英語を勉強していて

果たして意味があるのだろうか?

自分が進んでいる方向に疑念を抱いてしまった

なので遠回りかもしれないですが

初心に戻り簡単なレッスンを選択して

一から学び直すことを決意した

実際に簡単な英語レッスンをやってみると

少し余裕のある会話をすることができた

なので今後は、もっと遠くまで前進する為に

一旦戻って基礎から学び直すことにしました

 

 

【45日目】

『モロッコ人、男性講師』

 

彼は歌っていた。ノリノリで歌っていた

彼はレッスンが始まっている事には気付かず

瞳を閉じ感情を込めて歌っていた

その光景がとても面白かったので

しばらく黙って彼を泳がせ観察していた

そして20秒程して、彼はこちらに気付き

飛び上がるように驚いていた

「Why were you silent?」(何で黙ってたの?)

と聞かれたので

『Your voice silenced me!』(あなたの歌声が私を黙らせたんだよ)

と言ってみたら

信じられないぐらい笑ってくれた

この瞬間は自分がオンライン英会話を始めて

一番嬉しい出来事でもあった

歌っている所を見られるのは恥ずかしいですが

歌っている人を見るのは微笑ましいものですね

ちなみに彼は情熱的なバラードを歌い上げてました

 

 

【46日目】

『フィリピン人、女性講師』

 

この日はレッスンをする前に

レッスンで使えそうな英語を勉強してから

オンライン英会話に挑んでみた

結果的にレッスンをする前に勉強をして

その勉強した事を実際に使うという行為は

とても効果的なことだと思えた

『How〜?』を学んだのでその質問を沢山した

『How〜?』はとても会話が弾みやすかった

フィリピンでは『ドラえもん』が有名らしく

フィリピンのドラえもんは、どら焼きではなく

丸い甘いパンを食べてるみたいです

ちなみにアメリカではピザを食べてるらしい

『ドラ』は一体どこへ消えたんでしょうかね笑

 

 

【47日目】

スリナム人、女性講師』

 

スリナムという国の名前は初めて聞いので

『Where is スリナム?』と尋ねてみた

ブラジルの近くにある国だと言っていて

この質問はよくされるとも言っていた

時差はちょうど12時間だと教えてくれた

日本の裏側にある国の人と簡単に繋がれる

インターネットの発明に感謝をした

彼女はパンダのカップで飲み物を飲んでいたので

『That cup is cute!』と言ってみたら

とても恥ずかしそうに顔を赤らめていた

たぶん彼女のお子さんのカップを使っていたのが

恥ずかしかったんだと思う

ちなみにスリナムのパンダの絵のタッチは

眼が鋭く野性味に溢れたリアルパンダでした

 

 

【48日目】

『フィリピン人、男性講師』

 

この日はあえて評価の低い講師を選択してみた

なぜならば、どんな事柄でも

良いものと悪いものの両方の幅を知ってた方が

いいと思っている派だからです

また自分は映画でも小説でも飲食店でも

他人のネットの評価は参考程度に

何となく信用している程度の考え方です

その評価の悪い講師の方は

英語初心者の自分にも理解できるぐらい

発音が悪く英語も辿々しい感じだった

しかし彼はとても熱心に一生懸命に伝えてくれ

その健気な姿勢から、とても素敵な人柄が

滲み出ていたのが好印象だった

自分にとっては英語のレベルが高い講師よりも

下手でも一生懸命な彼の方が好きだと思えた

なので彼にはパーフェクトの評価をした

世間の評価に振り回されず

実際に生身で体験してみて感じたことを信じられる

そんな人間で在りたいと思いました

 

 

【49日目】

タンザニア、男性講師』

 

この日は講師の方とハンバーガーショップ

店員と客になって英語での実演レッスンをした

『こんにちは!ハンバーガーをください』

「はい!12ドルになります」

『ポテトも付けてください』

「わかりました。合わせて15ドルになります」

『店内で食べることはできますか?』

「もちろん!空いている席へどうぞ」

こんなやり取りを数分程していたのですが

徐々にこのやり取りに幼稚さを感じてしまい

子供のおままごとのような雰囲気になって

お互い途端にバカバカしくなってきてしまった

そして会話は次第に脱線して悪ノリになり

お互いふざけ合いながら

『あの〜クーポン券は使えますかね?』

「使えますよ〜クーポンを出してください」

『私はクーポン券を持っていません』

「あなたはクーポン券を持っていないのですね」

『私は今ハンバーガー店にいます』

「それは知っています」

『なぜならば私はお腹が空いているからです』

「そうだと思いました」

などなど、遊び心のある粋な講師は

くだらない悪ノリに付き合ってくれた

そんなハートフルな仮想バーガー店の会話ができた

ちなみに彼は国立大学で

国語の先生をしていると言ってました

遊び心のある知性がある大人って素敵ですね

 

f:id:ken03120:20220820103910j:image

 

先週も素敵な国の人たちと交流ができました

少しずつですがオンライン英会話に慣れ

それが日常の習慣になりつつあります

とにかく今は継続あるのみです

 

そして来週でこの記録は最終回になります

今週はこれまでCiao!

 

オンライン英会話 36〜42日目の記録

アメリカンジョーク】

 Doctor: I’ve found a great new drug that can help you with your sleeping problem.

(医者:不眠症に効くいい薬が手に入りましたよ!)

-Patient: Great, how often do I have to take it?

(患者:よかった!どれくらい飲めばいい?)

-Doctor:Every two hours.

(医者:2時間ごとですよ。)

 

少しでも英語圏の文化を学べたらなと

最近はアメリカンジョークを調べたりしてます

アメリカンジョークは日本の落語に近い

笑いなのかなと感じてます

英会話で冒頭のような感じのジョークを

サラッと言ってみたいと思うのですが

相手に親父ギャグ的な感じに思われるかもしれない

という不安な気持ちや

『こいつ事前に用意したアメリカンジョークを無理矢理ぶっ込んできたな』

と思われるのでは?という自意識が邪魔をして

なかなか言えません。また言う必要もありません。 

たぶん一生言えません。なので言いません

 

さぁそれではオンライン英会話

36〜42日目の記録です。どうぞ!

 

 

【36日目】

『マレーシア人、男性講師』

 

色々な国の人と話してみて

それぞれの国によって英語の発音やテンポ感が

違うということに気付けるようになってきた

マレーシアの人は早口でネイティブな印象

フィリピンの人は割と日本人の発音に近い印象

アフリカの人はノリが良くパワフルな印象

中東の人は軽快でマシンガンな印象

そんな各国の英語のイメージです

この日のマレーシアの講師はネイティブで

とにかく早口で、ほぼ聞き取れませんでした

ネイティブな発音には慣れなくてはいけませんが

もっとゆっくり赤ちゃんに話しかける感じで

会話をしてほしいなと甘えてしまいました

 

 

【37日目】

『マレーシア人、女性講師』

 

やはり音楽と映画は簡単に海を越えますね

この日はお互い好きな映画の話になった

自分は『バック・トゥ・ザ・ヒューチャー』や

『ゴッド・ファーザー』などの名作を上げた

彼女も『バック・トゥ・ザ・ヒューチャー』

は大好きだと言っていた

あと『メイチュリック』も好きだと言っていた

『メイチュリック』は知らなかったので

『What is メイチュリック?』と聞いてみた

「Don't you knowメイチュリック?」

と驚かれたけどメイチュリックは知らなかった

どんな物語なのか詳しく聞いていたら

話の途中でキアヌ・リーブスという言葉が

微かに耳に飛び込んできた

なので自分の脳内では

キアヌ・リーブス→メイチュリック…

キアヌ・リーブス→メイチュリック…

キアヌ・リーブス→メイチュリック…

数回ほど繰り返していると…

あっ!マトリックスだ!!!

と凸と凹が一致してテンションが上がってしまい

I know メイチュリック!!!

と唐突にハイテンションで言葉が出てしまった

彼女はとてもビックリしていた

すぐに羞恥心が自分の全身を駆け巡った

それを察した彼女は微笑ましく笑ってくれ助かった

それにしても日本で初めにマトリックスという

発音を広めた奴は誰だよバカヤローと思った

 

 

【38日目】

『ジャマイカ人、女性講師』

 

日本からジャマイカへの通信環境は少し悪く

音声のタイムラグが2秒ほどあった

しかも2人とも遠慮がちの性格だったので

会話を譲り合って何度も無言になったり

何度も会話がぶつかってしまった

途中で3回連続で会話がぶつかった時は

さすがに2人で爆笑してしまった

彼女はレゲエ音楽が好きで

日本のレゲエミュージシャンのURLを

チャットボックスに送ってくれた

レッスン後、YouTubeで聴いてみた

とても若い日本人の女性ミュージシャンが

歌っていて、自分も頑張ろうと思えた

 

 

【39日目】

『フィリピン人、男性講師』

 

オンライン英会話39日目にして

英語を《書く、読む》という行為と

《聞く、話す》という行為が別物だと気付いた

日本の英語教育や英語の試験では

《書く、読む》ばかりをやっている印象で

《聞く、話す》という行為が少し疎かに

なってしまっているのかなと感じた

(今の教育は違うのかもしれませんが)

なので今回のレッスンから

『What is the most important think to speak English?』

と聞いてみることにした

彼は毎日英語で日記を書くことを薦めてくれた

知ってる単語だけで簡単に英語日記を書くのが

大切だと言ってくれたので

レッスン後すぐに英語ノートを買いに行き

この日から英語日記を始める事にした

 

 

【40日目】

『フィリピン人、女性講師』

 

「aアー」「eaエアー」の発音の練習をした

「aアー」はなるべく力を抜いて

バカみたいな顔をすると良い発音になった

「eaエアー」はアホウドリの鳴き声のように

アホみたいに発声すると良い発音になった

実際にやってみると『Great!』と褒められた

しかし、バカみたいな顔やアホみたいな

鳴き声の事は先生には内緒にして

自分の心に留めておくことにした

日本語に無いニュアンスの発音や発声の

コツを掴むのは、とても難しいことです

 

 

【41日目】

【フィリピン人、男性講師】

 

この日は少し難しいレッスンに挑戦してみた

写真を見てそこから文章を創作するレッスンをした

しかし自分にはハードルが高く途中で断念してしまった

少し落ち込んでいたら講師の先生は

「こうやってオンライン英会話に挑戦してる君はとても素晴らしいよ!」

『No problem!You can do it!』

と優しい言葉で包み込んでくれた

その励ましに、とてもやる気が出た

彼の自分への英会話のアドバイス

もう一度、初心に戻り簡単な英語から

始める事を勧められたので

本棚から英検5級の参考書を引っ張り出した

 

 

【42日目】

『フィリピン人、男性講師』

 

この日オンライン英会話を始めて

1000分もの時間を達成した

1000分を時間で計算してみたら

約16時間、英語を喋り続けたという事になる

英語初心者が日本語が通じない外国の人と

片言だけでも1000分コミュニケーションを

取れたのは自分にとって快挙だと思えた

この日の講師はまだ始めたばかりの方だったので

お互い助け合いながらレッスンを進めていった

彼は何度も『ありがとう』という片言の日本語をくれた

いつもは助けられてばかりだったけど

誰かの助けになれたのは貴重な経験で

こんな心地良い触れ合いをする為に

英語を学んでいるのかもしれないと思えた

 

f:id:ken03120:20220814120255j:image

 

先週も英語を通して素晴らしい人たちと

拙い英語ですが交流ができました

レッスン中、言いたい事は沢山ありましたが

その思いが英語で伝える事ができませんでした

もっと勉強をして英語で流れるような

楽しい会話がしてみたいと思いました

 

今週はこれまで、また来週Ciao!

 

※この英会話の記録は50日目で終わります

それまでよろしくお願いします。

オンライン英会話29〜35日目の記録

日本語『おはようございます。

英語「グッムォ〜ニーーン!」

 

日本語は淡々と真っ直ぐ進んでいくイメージで

とても冷静な感じがする

英語はアクセントの強弱や抑揚など

感情の起伏があり、とても元気な感じがする

 

日本と英語の朝の挨拶だけでも

これだけの違いがあるのだから

人は生まれ育った国や地域によって

性格やテンションがある程度は

形成されるんだと思います

 

結局、何が言いたいのかというと

グッムォ〜ニーーン!』と発音するのが

とても恥ずかしいという事です

グッムォ〜ニーーン!

と言ってしまってる自分を冷めた目で見る

ノットグッムォ〜ニーーン!な自分自身がいて

そんな自意識にとても苦労しているのです

 

それではオンライン英会話レッスン

29〜35日目の記録です。どうぞ!

 

 

【29日目】

『フィリピン人、男性講師』

 

この日は飲み物にまつわる教材を使った

レッスン中に偶然にも

ある一連の流れが生まれた

ken『What drink do you like?』

講師「I like beer」

ken『What kind of beer do you like?』

講師「I like KIRIN beer」

ken『Do you know KIRIN beer?』

講師「Of course!カンパ〜イ!」

と言って講師はエアージョッキを片手に持ち

画面に向けて笑顔で乾杯をした

とても気持ち良い流れだった

今度は質問者と答える側をスイッチする事に

……。

講師『What drink do you like?』

ken「I like beer」

講師『What kind of beer do you like?』

ken「I like KIRIN beer」

講師『Do you know KIRIN beer?』

ken「Of course!カンパ〜イ!」

めちゃくちゃベタベタな展開だけど

やってみると、とても面白かった

このやり取りだけで彼との距離が近くなった

しかし自分がお酒が飲めないことは

彼には言えませんでした

楽しい空気をぶち壊すのが嫌だったので…

嘘ついてごめんなさい。乾杯!

 

 

【30日目】

This morning I had a severe migraine headache.

この日は朝から強めの偏頭痛で苦しかった
When I open the curtains in my room and look outside.

部屋のカーテンを開け外を眺めると
Sure enough, it was a rainy sky.

案の定、雨空でした
Changes in weather and barometric pressure are great enemies for migraine sufferers.

偏頭痛持ちにとって気候や気圧の変化は大敵だ
And the biggest enemy of migraine sufferers is that they can't take time off from work.

そして偏頭痛持ちの一番の敵は仕事が休めないという事です
Only on days like this have I made a mistake.

こんな日に限って仕事でミスを犯してしまい
I was yelled at and my headache swelled many times over.

怒鳴られ頭痛が何倍にも膨れ上がった
I lost consciousness.

意識が朦朧としてしまった
So I took a break from the lesson on this day.

なのでこの日はレッスンをお休みしました

 

Google translate is very good!

グーグル翻訳はとても優秀ですね!

 

 

【31日目】

ウガンダ人、女性講師』

 

彼女はとてもゆっくり会話をするタイプの

温厚な性格の優しい方でした

この時、東京とウガンダでは

時間の流れるスピードが全く違うんだと感じた

彼女はウガンダの都市に住んでいると言っていた

「The city is tired…」

彼女曰くウガンダの都会はとても華やかですが

人が多く疲れてしまうと嘆いていた

彼女は都市よりも村の方が好きだと教えてくれた

『I'm tired of Tokyo too』

と自分も嘆いたら、ゆっくりと笑ってくれた

都会でイキイキと輝いている人よりも

都会に少し疲れている人の方が自分は好きです

 

 

【32日目】

ケニア人、男性講師』

 

この日は食べ物についてのレッスンをした

『What did you have for breakfast?』

と聞いたら

「I baked bread for breakfast.」と彼は言った

そのときラップみたいだと思って

『It's sounds like rap』と言ったら

彼はその言葉に急にリズムを乗せて

「I baked bread for breakfast.🎶」

と韻に強めのアクセントをつけ歌ってくれた

とても気持ち良さそうだったので自分も

『I baked bread for breakfast.🎶』

と彼に合わせ口ずさんでみた

すると2人ともノッてきてしまい

I baked bread for breakfast.🎶

I baked bread for breakfast.🎶

I baked bread for breakfast.🎶

と楽しく言い合った

この時、ジム・ジャームッシュ監督の

映画『ダウン・バイ・ロー』の牢屋内で男達が

「I Scream!You Scream!We All Scream for Ice Cream!」

と歌い合いふざけ合うシーンを思い出した

f:id:ken03120:20220806092028j:image

 

 

【33日目】

 

I was so busy today.

あ〜めちゃくちゃ忙しいぜぇ

So I skipped the lesson.

レッスンなんてサボっちまおう

There are only 24 hours in a day.

1日は24時間しかないんだぜ

I wanted to secure some free time.

俺にもっと自由な時間をくれよ

Because time is like life for humans.

だって俺にとって時間は命だから

That's why I canceled Netflix.

サラバ!敬愛なるネットフリックス

So I got a little time.

これで俺の命が暴れ出せるぜ

I will do my best in the lesson from tomorrow!

明日の俺!勝手にしやがれ

 

※無理矢理パンクロック風に翻訳してやりました

時間は自らの意思と行動で作り出すものですね

 

 

【34日目】

『マレーシア人、女性講師』

 

この日は講師の方と部屋にあるモノを

お互い紹介し合って英語を学んだ

彼女の家には部屋が7つあり

トイレが2つあり、お風呂が2つあり

お手伝いさんの部屋まであると言っていた

『Are you rich?』と聞いたら

「I'm not sure?(さぁどうかしら?)」

と微笑みながら言っていた

なのでリビングのテレビの大きさを

手で表現して下さいとお願いをしたら

両手をいっぱいに広げて四角を作ってくれた

『You are rich!』と断言をしたら

やはり「I'm not sure?」と言って

はぐらかしながら笑っていた

その余裕のある笑みは金持ちの笑みだと思った

 

 

【35日目】

『フィリピン人、男性講師』

 

最近、英語の勉強に行き詰まってしまったので

『How did you learn English?』と聞いてみた

すると講師の先生は英語の本を

とにかく沢山読んで学んだと言っていた

またその読んだ本の感想を英語でノートに書き

文法の練習もすることをオススメされた

しかし、その行為は英語の初心者の自分には

とてもハードルが高すぎると思い

無謀な行為だと感じてしまった

わかりやすく言うと

東京大学に合格するにはどうしたらいい?』

「簡単だよ!1日16時間勉強すればいいんだ』

と言われている感じがしてしまう感覚でした

しかし続けていれば、いつか英語の小説を

読めるようになるのでしょうか…

先は長いですが地道に頑張ろうと思えました

 

f:id:ken03120:20220805164425j:image

 

先週は2日も休んでしまいましたが

それはそれで良いインターバルになりました

オンライン英会話を始めて

約1ヶ月が経過しましたが

沢山の国の人達と触れ合う事ができたので

1ヶ月前の自分自身と比べたら

価値観や経験値に大きな変化が生まれました

やはり行動って大切ですね〜

 

それではまた来週Ciao!

 

※この英会話レッスンの記録は

50日目で終わりにします

それまで宜しくお願いします

(オンライン英会話レッスンは続けます)

 

オンライン英会話22〜28日目の記録

英語の勉強をしていて感じているのは

母国語以外の言語を習得して

それを使っている人を見ると

とても凄いな〜と感心するという事です

 

沢山の言語を話すことが出来る人の

脳内は一体どうなっているんだろうと思う

 

また世界の数ある言語の中でも

日本語という言語は上位に君臨するほど

習得するのが難しい言葉だと聞いた事がある

 

そう考えると日本語を習得して

日本に来て日本で働いている外国人は

とんでもなく凄いことだと思える

 

なのでコンビニなどで働く外国人の方に

文句を言っている日本人には

鼻くそを付けてもいいと思ってしまう

そんな無知で無礼な奴には

鼻くそを2〜3個付けてもいいと思ってしまう

もし皆さんもそんな奴を見かけたら

ひっそりと鼻くそを付けていきましょうね

 

それではオンライン英会話

22〜28日目の記録です。どうぞ!

 

✳︎

 

【22日目】

『フィリピン人、女性講師』

 

彼女は大学で先生をしてると言っていました

外国の大学の先生と接点が持てるなんて

とても贅沢な時間だと思えました

彼女は丁寧にゆっくりと会話をしてくれ

とても優しくレッスンをしてくれた

さすが教えるプロだなと思った

あまりにも優しくベタ褒めな指導だったので

この時、自分の頭の中では

プロ野球の始球式で女性アイドルがボールを投げ

プロ野球選手がワザと空振りをしている“

あの感じに似ているなと思いながらの

優しさ溢れるレッスンでした

 

 

【23日目】

『フィリピン人、女性講師』

 

23日目にして初めて態度の悪い講師に出会った

それは開始すぐに不快だと感じた

英語は分からないけど

ふてぶてしい態度ぐらいは理解できた

彼女は初心者をバカにしている態度でした

レッスン中とても悲しく

腹立たしい気持ちになってしまった

しかしそんな彼女に嫌味の一つも言えない

自分自身の英語力の無さの方に

悔しさと腹立たしさが残ってしまった

なのでレッスンが終わってから

『Your attitude is the worst!』

という言葉を覚えた

それはすぐに覚える事ができた

人は苦い経験や失敗から

学ぶことができるという事ですかね

そして今までレッスンしてくれた講師の方々の

心ある優しさに改めて気が付かされる

そんな貴重な出来事でした

 

 

【24日目】

ジンバブエ人、男性講師』

 

この日は気温や気候についてのレッスンをした

彼はジンバブエの夏は暑いと言っていた

正確に日本語に翻訳すると

『ken!ジンバブエは、超あ〜づ〜いよぉ〜』

という辛そうなニュアンスで言ってました

とにかく彼は暑い夏がとても苦手らしいです

『When do you relax?』と聞かれたので

「I relax every day!」とヘラヘラして答えた

すると彼は『Are you really Japanese?』

と笑いながら頭を抱えていた

彼は日本人は皆んな勤勉で真面目だと思っていたらしい

この日はとても粋な掛け合いの会話ができた

《結論》

ジンバブエの人にも暑がりの人はいるし

日本人にも怠け者もいるという事です。

 

 

【25日目】

『ナイジェリア人、女性講師』

 

この日は『this、that、therer、those』

の違いを表現する教材を使った

彼女はカメラを持って自宅の部屋を移動してくれ

『That is a table』『There is a picture』など

実況中継のように実際に部屋にある物で

分かりやすくレッスンをしてくれた

その時チラッと部屋のテレビが映り

地元のテレビ番組が放送されていた

一瞬だったがテレビには室内で男女が踊っている映像が映っていた

自分はそれがとても気になってしまい

『Please show me more TV?』と言ってみた

しかしあまり伝わってくれなかった

間髪入れず彼女はレッスンを続けてれく

イスやソファーなどを使ってthisやthatなど

熱心にリアルレッスンをしてくれた

しかし自分はどうしてもナイジェリアの

テレビ番組の内容が気になってしまい

『Please show me more TV?』

ともう一度言ってみた

すると彼女は

「あなたは変な所が気になるのね〜(笑)」

と言って笑っていた

『Please. please show me!』とおねだりをした

すると彼女はテレビ番組を見せてくれた

やはりテレビでは男女がキッチンで情熱的に踊っていた

『What is this?』と聞いてみたが

「んぅ〜あなたは本当に変ね(笑)」

と言われフワッと流されてしまった

結局、何の番組かは不明で

男女が情熱的に踊る理由も分からなかった…

自分は英語のレッスンよりも

ナイジェリアのテレビ番組の方に

好奇心と興味がそそってしまった

それが変な事なのかは自分にも分からない

 

 

【26日目】

『フィリピン人、男性講師』

 

自分がレッスンをしているDMM英会話では

生徒が講師を評価できる仕組みになっており

講師のこれまでの評価が見ることができる

この日はレッスンの経験回数がとても多く

評価もほぼ満点の講師を選ぶ事ができた

レッスンを始めて1分で今までの人とは違う

洗練された優秀さを存分に感じてしまった

とにかく分かりやすく丁寧で25分間が

あっという間で充実して学ぶことができた

本当に素晴らしい感動的なレッスンでした

教えるのが上手な先生は

生徒をやる気にさせるのが上手く

学ぶ事への楽しさを教えてくれるんだと思えた

もし学生の頃、こんな先生に出会っていたら

人生は大きく変わっていたのかもしれないですね

 

 

【27日目】

『フィリピン人、女性講師』

 

彼女は音楽を聴くのが好きだと言っていたので

『What kind of music do you like?』

と聞いてみたら

レディオヘッドレッチリやジェットや

アークティックモンキーズなど

自分と音楽の好みが超絶に似ていて

バンドの話題で盛り上がった

彼女は特に『oasis』が好みらしく

レッスンの最後は『Don't Look Back in Anger』

のサビを2人で口ずさみ笑顔でお別れをした

『英語の発音は歌だと思ってリズムで覚えた方が良いよ』

と言われ、その通りだと思いレッスン後

oasisを聴きながらギターを弾いた

とても楽しくなってしまい途中から

英語の発音なんてどうでもよくなった

 

 

【28日目】

セルビア人、男性講師』

 

この日はキッズ教材を使って

実際にジェスチャーを使って英熟語を学んだ

『touch your nose』➖ken!try it!

『clap your hands』➖ken!try it!

『raise your hand』➖ken!try it!

こんな事を繰り返していると

途中から大人2人が子供みたいな事を

真剣にやっている行為に笑ってしまった

講師も笑いながら『ken.try it again!』

とワザとスパルタ教師のように言ってきて

変なノリになり、しばらく2人で笑い合った

この人とは友達になれそうだなと思った

Good-byするのが少し寂しかった

 

f:id:ken03120:20220729212908j:image

 

まだまだ未熟ですが色々な国の人達と触れ合い

良い経験ができ楽しく学ぶ事ができました

 

それではまた来週Ciao!

オンライン英会話15〜21日目の記録

学者によって数え方に違いはあるみたいですが

現在、世界には7100ぐらいの言語があるらしい

たとえば、ネパールのような小さな国でも

120以上の言語が存在しているみたいです

 

自分はいま英語の勉強をしていますが

他国の言語を学ぶという行為は

果てしなく膨大な時間と労力がかかり

本当に大変で難しいなと途方に暮れてます

 

面倒くさがりで近道ばかりを探している

そんな自分の個人的な意見ですが

いっそのこと地球語という言葉を作ってしまい

世界の言語を1個にしてくれないかなぁ…

と不毛なことを考えたりしている日々です

 

オンライン英会話15〜21日目の記録です

様々な国の人たちと素敵な交流ができました

それではどうそ!

 

✳︎

 

【15日目】

『ネパール人、男性講師』

 

レッスン前に講師をしてくれる方の

現地の国の挨拶を調べてから

英会話を始めると割と良い雰囲気で

レッスンや交流ができる事を学びました

この日は手を合わせて『ナマステ』をしたら

とても喜んで『ナマステ』してくれました

挨拶って大切なコミュニケーションですね

『I have an English exam on the weekend.』

週末に英検三級の面接試験があったので

教材を使って色々と教えてもらいました

※ちなみに三級の面接試験は合格しました

 

 

【16日目】

 

この日は初めて英会話レッスンを休みました

その理由は日本で悲惨な事件があったからです

この日は一日中、無気力になってしまい

何もやる気が起きませんでした

自由に学んだり好きな事ができているのは

平和というものがあって成立することなんだと

あらためて思い知らされました

I wish for world peace.

 

 

【17日目】

パキスタン人、男性講師』

 

今までの講師の中でも

最もテンションの高い先生でした

どれくらいの高さかというと

一般の日本人のテンションが50だとすると

パキスタン人の彼は90を軽く超えてきました

(ちなみに自分のテンション数値は22前後だと言われています)

『I like watching soccer.』と言うと

日本はワールドカップ出るんだろ?

グループステージは勝てそうか?

と聞かれたので

『It's very difficult….』と言ったら

とても不思議な顔をされた

それはたぶん文化の違いからだと思います

始めから負けを意識するなんて

信じられないという感じだった

そんな彼の表情を見て思ったのは

自己評価を低く見積もってしまうのは

日本人の特徴的な文化でもあると思った

謙虚と傲慢は紙一重ですね

どちらの感情も程々に調節したい派です

 

 

【18日目】

ウガンダ人、女性講師』

 

この日は動物の名前を学ぶ教材を使った

『Do you have any pet?』と質問をしたら

めちゃくちゃ笑ってました

自分には彼女が笑ってる理由がわかりませんでした

とても気になり、その理由を探ってみると

ウガンダではそこら中に動物がいるので

家で動物を飼うという習慣はないという事で

彼女はめちゃくちゃ笑っていたのでした

とても落語的な盲点をつくエピソードで

面白い異文化交流ができたなと思いました

 

 

【19日目】

『フィリピン人、男性講師』

 

60歳の年配の講師はスパルタでした

キッズ英語の教材を使おうと思っていたら

『君はキッズではない!他の教材を使おう』

と力強く指摘された

さらに彼は早口でネイティブな発音だったので

『more slowly please』と言ってみたら

『この速さに慣れなさい!』

というスパルタンなティーチャーでした

でもそれらの行為は自分の英語力の

未来を見据えてのアドバイスでもあると

レッスン後、温かいメッセージを送ってくれました

こうやって厳しく指導してくれる方も貴重です

I'll never give up!!!

 

 

20日目】

『フィリピン人、男性講師』

 

この日の講師は初めて講師として

オンライン英会話レッスンの

デビューをする先生でした 

彼はとても緊張していました

もちろん自分も緊張してました

緊張と緊張がぶつかり合いフワフワしてました

レッスン中に何回も『Don't worry!』を多発してしまい

心の中で「お前が言うなよ!」

と自分に何度もツッコミを入れてしまった

フリートークで趣味の話になり

お互いギターを弾くという話題で盛り上がり

2人が使用してるギターを見せ合って楽しんだ

レッスン開始の緊張感が嘘のように晴れた

好きな事で繋がれるのは本当に楽しいです♪

 

 

【21日目】

ジンバブエ人、女性講師』

 

この日は食べ物についての教材を使った

『Have you ever eaten sushi?』

と質問をしたらジンバブエでは

魚を生で食べるという文化はなく

「I'm not good at sushi」

と苦々しい顔で答えてくれた

よく聞いてみると寿司は3回食べた事あるけど

3回とも苦手だったと言っていた

(何で苦手なのに3回も手を出したのか?)

と少し疑問にも思ったが

それは聞かないことにして

『Challenge is important!』

と言ったら4回目もチャレンジする感じでした

自分も苦手な人やモノに

もう一度チャレンジしてみたいと思えた

 

 

f:id:ken03120:20220722140556j:image

 

そんな1週間のオンライン英会話でした

まだまだ伝えたい言葉が全然出てきませんが

楽しく順調にレッスンができました

 

それではまた来週、Ciao!

オンライン英会話8〜14日目の記録

英会話を始めて色々な国の人と

コミュニケーションをとっているからなのか

普段の生活でたまに遭遇してしまう

非常識だったり失礼な日本の方に会っても

『まぁこんな人もいるか〜』と

少しだけ流せるようになってきている

その人にも信じる価値観や常識があり

その時の事情もあるのかもしれないと

俯瞰で他人を見ることが出来きています

 

…あっごめんなさい、嘘をつきました

やっぱり無神経な人にはイラッとしてしまうし

めちゃくちゃ腹立てて日々を生きてます

もっと寛容な人間になりたいなと

そんな願望だけが芽生えてきてます

英語力の習得の道よりも

人間力の習得の方が遥かに困難です

 

それでは今週の英会話レッスンの記録です

 

 

【8日目】

『フィリピン人、男性講師』

 

この日は教材を使っての発音レッスンをした

ネイティブな発音をするのって

なんか恥ずかしいものですね

教材の文章にブラッド・ピットが出てきたので

『Do you know Brad Pitt?』と聞いてみたら

「もちろん!フィリピンでも有名なムービースターですよ!」

と高めのテンションで言っていた

彼の出演映画では何が好きか聞かれたので

『Fight Club is the best!!』と答えた

しかし彼はまだ若くFight Clubを知らなかった

その事実を聞いて人生で初めての

Oh〜No!!』が出てしまった

この行為は自分にとって今年いちばん恥ずかしいだろう

出来事になったと確信をした

彼は『Fight Club』を観てくれると約束してくれた

 


 

【9日目】

『タイ人、女性講師』

 

この日はキッズ英語の教材を使って

体の部分の名称と発音を勉強した

子供が体の部分を覚えるための

有名な歌を使ってジャスチャー付きで教えてくれた

歌と踊りなんて普段なら絶対やらない行為だけど

これも文化交流だと思って自分も一緒になって

小さくジェスチャーを交えて小さな声で歌ってみた

次第に歌は元気というエネルギーを生み出してくれ

あらためて音楽って凄いなと感心してしまった

 


 

【10日目】

『フィリピン人、男性講師』

 

18歳の青年は日本のアニメが大好きで

とくにジブリ映画が好きらしく

となりのトトロは素晴らしい!』

と興奮しながら教えてくれた

積極的に日本についても知りたがっていて

彼は日本語も勉強していて少し話すことができた

なのでこの日は自分の英会話レッスンは忘れて

彼に日本語のレッスンをしてあげた

人に何かを教えるという行為も面白いと思えた

彼は『最高!』という言葉と発音が好きらしく
とにかく『最高!』を連発していた

なので『だぜ!』をつけてたほうが

もっとCOOLだよと教えてあげた

すると彼はレッスン終了間際に

『Ken!最高だぜ!』

と言ってsee you againをした

 

 

【11日目】

ザンビア人、男性講師』

 

『朝食に何を食べた?』と聞かれたので

『I ate banana this morning』と言ったら

なぜか彼は自宅のキッチンまでバナナを取りに行き

ザンビアのバナナを嬉しそうに見せてくれた

そして彼は何故だか、ずっと爆笑をしていた

一瞬、これは差別的なアレなのか?

とも思ったが雰囲気的に違うと感じた

自分も徐々にバナナで爆笑するザンビアの人が

なんだか面白く笑えてきてしまったので

しばらく2人でバナナを見ては謎の爆笑を繰り返した

この人とまたレッスンがしたいなと思った

 

 

【12日目】

『フィリピン人、女性講師』

 

『What were you doing on the weekend?』

と聞かれたので

「I went to the cinema on the weekend!」

と答えた

日本では『トップガンマーヴェリック』が

大ヒットしていると伝えると

彼女はトム・クルーズが好きらしく喜んでいた

その後「クール!ナイスガイ!エクセレント!プロフェッショナル!ファンタスティック!」

などなど単語の応酬でトム・クルーズの凄さを

お互い言い合い褒め合い確かめ合った

あらためてハリウッドスターは

世界共通認識で凄い人気なんだと思った

 

 

【13日目】

『フィリピン人、女性講師』

 

この日はLとRの発音の練習をした

先生はLeftとRightの発音を

何度も繰り返して教えてくれたが

自分にはその違いが分からず

どちらも同じようにしか聞こえなかった

先生も少し困っていたが

とても根気強く教えてくれた

レッスン後、ネットで調べてみたら

LとRの発音は日本人には難しいらしいと判明

『なにぬねの』と『らりるれろ』

の違いが外国人にはわからない

という感覚に近いと知って妙に腑に落ちてしまった

いずれ違いのわかる男になれるのだろうか?

 

 

【14日目】

インドネシア人、女性講師』

 

この日はフリートークを選択した

『What is your favorite food?』と聞いてみた

すると彼女は「I like DORAYAKI」と答えたので驚いた

インドネシアでは『ドラえもん』が有名らしく

どら焼きはポピュラーな食べ物だと言っていた

あと、たこ焼きも食べた事があると言っていた

日本の文化が海を渡って外国にまで

浸透していると聞いたら何だか嬉しくなった

『自分はのび太のように怠け者です』

と言いたかったが英語で怠け者の単語がわからず

『I'm like Nobita』と言ったら

何となく伝わってくれ優しい雰囲気で終了した

 

f:id:ken03120:20220715230234j:image

 

今週もグダグダな英会話でしたが

素敵なレッスンと文化交流ができました

そんな8〜14日目の出来事でした

 

それではまた来週、Ciao!