徒然なるままに…。

自由に気ままに綴ります

『沖縄旅行記(後編)』

✳︎旅先のホテルで朝起きた瞬間に寝ぼけて

『ここはどこだ?』

と一瞬なにがなんだか分からなくなる

あの瞬間がとても好きです

 

 

✳︎旅先のホテルのテレビで天気予報を見た時に

普段見慣れない地域の天気が目に飛び込んでくる

あの瞬間がとても好きです

 

 

✳︎旅先から帰ってきて旅行カバンから洗濯物を取り出す

あの瞬間がとても嫌いです

 

非日常を味わえる旅は素晴らしい

 

 

それでは沖縄旅行記の後編です

 

 

 

✳︎        ✳︎        ✳︎        ✳︎

 

 

 

ニライカナイ橋』

f:id:ken03120:20210104031705j:image

去年も行きましたがここからの景色は絶景でした

生涯の絶景ランキングのベスト3にも入るほど好きです
f:id:ken03120:20210104031701j:image

ずーっと浸って時間を忘れ見ていられる

東京のギスギスした箱の中で忙しく生活している事に違和感を感じてしまった

いつかここに住みたいなと思えた素晴らしい場所です

 

 

 

昼食

 

 

並ぶのは覚悟で行ったお店

ラッキーなことに今回の旅はすべてのお店は並ばずに楽しめた

f:id:ken03120:20210104031708j:image

ソーキそばってあまり美味しくないイメージだったのですが

ここのお店は本当に美味しかったです
f:id:ken03120:20210104031711j:image

素晴らしい年越し蕎麦になりました

 

※店内は取材でNHKのカメラが入っていました

撮影を頼まれましたが恥ずかしいのでゴメンなさいしました

 

 

 

✳︎        ✳︎        ✳︎        ✳︎

 

 

 

やはり旅先の散歩は楽しい

f:id:ken03120:20210104031829j:image

そしてお目当ての場所へ
f:id:ken03120:20210104031816j:image

桜坂劇場

ミニシアターって歴史を感じられて大好きです
f:id:ken03120:20210104031812j:image

自分は《映画》も好きですが《映画館》という建物や空間も大好きなんです

ロビーをウロウロとジロジロと見てニヤニヤしてやりました

 

旅先でゆっくりと映画を観られるのは贅沢なことですね

地域性なのか上映中の出入りの多さや

エンドロールが流れてすぐに席を立つ人が沢山いた

こういうの風習みたいな事が知れるのも楽しい♪

本当に素敵な映画館でした

 

 

 

 

 

肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉
f:id:ken03120:20210104031832j:image

肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉

心も身体もエネルギーがミナギル!

とても幸せでした〜♡

※沖縄のステーキ屋さんのBGMは昔のロックンロールが流れがち🎶

 

 

 

✳︎        ✳︎        ✳︎        ✳︎

 

 

 

今回の旅のテーマは『のんびり』

予定を詰め込まずに時間を忘れ癒しを求めて

旅をしようと決めていたので

ホテルでのんびりと過ごす時間も多くとった

 

その地域のCMやローカル番組を見るのも好きです

 

 

そしてNHK紅白歌合戦を視聴

晦日にホテルでのんびりと紅白を見て

ハーゲンダッツを食べながらゴロゴロと過ごすのは贅沢極まりないです

(食べてばかりですね)

 

最近の流行の歌や懐かしい曲も聴けて楽しめた

MISIAさんって本当に凄いシンガーですね♪

 

 

 

 

✳︎        ✳︎       ✳︎        ✳︎

 

 

 

翌日

早起きして初日の出を見に行った

 

平和祈念公園
f:id:ken03120:20210104031819j:image

元旦に綺麗な海と空と太陽を感じながら見る

初日の出に熱いものを感じた

 

今年はどんな一年になるんでしょうね

 

 

平和祈念公園内を散歩
f:id:ken03120:20210104031826j:image

朝早いのに小さい子供を連れた家族も多く

芝生で遊ぶファミリーを見てほっこりとした
f:id:ken03120:20210104031823j:image

無機質で静寂で神秘的な雰囲気が心地良くもありました

 

 

 

✳︎        ✳︎         ✳︎        ✳︎

 

 

 

そしてこの旅の3度目のハンバーガ

調べたら沖縄にはたくさんあるんですね

f:id:ken03120:20210104031941j:image

どこのお店も個性があり

ここも超絶に美味しかったです
f:id:ken03120:20210104031944j:image

あまりにも美味しいすぎて

もういっそのことハンバーガーになりたいなと思ってしまった笑

 

 

 

 

移動

 

 

 

首里城
f:id:ken03120:20210104031934j:image

 

歴史的な建造物はいいものです


f:id:ken03120:20210104031931j:image

素敵な場所は空気が澄んでいる印象がある

 

元日だったので伝統芸能も見ることもできた
f:id:ken03120:20210104031938j:image

ゆったりと流れる音と空気に沖縄の風情を感じた

この日の夜のニュースですぐに放送されてました

沖縄はテレビと人との距離が近い印象でいいなと思えた

 

 

 

✳︎        ✳︎        ✳︎        ✳︎

 

 

 

『初詣』
f:id:ken03120:20210104032124j:image 

 

ここはとても混雑してました

 

f:id:ken03120:20210104032234j:image

 

健康と平和をお願いして神社内を散歩


f:id:ken03120:20210104032119j:image

すると《虹》が空に顔を出していた

 

今年は良い年になりそうだなと思わせてくれた

 

 

 

✳︎   ✳︎          ✳︎           ✳︎

 

 

 

夜は居酒屋さんへ行きお酒を飲んだ

f:id:ken03120:20210106170946j:image

お酒はほとんど飲めないのですが

旅先でほろ酔い気分になるのも気持ちいいものですね

飲み屋さんって人間の欲望が渦巻いていて

お客さんを見ているだけでも面白いです

その光景は新鮮で学びになりました

 

 

 

 

✳︎        ✳︎        ✳︎        ✳︎

 

 

 

そして最終日

 

4度目のハンバーガ
f:id:ken03120:20210104032115j:image

沖縄のハンバーガー屋さんってお洒落で好きです

 

綺麗でお洒落な店内の雰囲気を感じるだけで気分が上がる

f:id:ken03120:20210104032135j:image

 

ここのハンバーガーも美味しかったなぁ

あまりにも美味しすぎて

バンズに挟まれたくなってしまうほどでした笑

(もしも挟まれるならベーコンとハンバーグの間の特等席がいいかな。あっ…でも油でベトベトしそだからパンとレタスの間に挟まれたいです)

 

 

 

✳︎       ✳︎        ✳︎         ✳︎

 

 

 

始まりがあれば終わりがある

希望と絶望は表裏一体であって

その繰り返しが人生というものなんでしょうね

 

生きることは苦しくて辛いことが沢山あるけど

いつまででも好奇心を持って

楽しんで生きていけたらなと思います

 


f:id:ken03120:20210104032132j:image

 

今年の目標は『チャレンジ』

なにか新たな世界へ飛び込んで新しい価値観を

自分の中に取り込んでいけたらなと思っています


f:id:ken03120:20210104032128j:image

 

今回の沖縄の旅も有意義なものになりました

まだまだ自分は知らない事だらけなんだなと痛感しました

 

今年もなるべく時間を作って旅に出られたらと思っています

 

 

 

 

今年も素晴らしい年にしましょうね

 

皆さんが素晴らしいと思えるような一年になることを願ってます

 

本年も愛想のないkenをなんとなく宜しくお願いします♡

 

 

それではまたCiao!

 

 

『沖縄旅行記(前編)』

2021年になりましたね

こうして平穏に平凡に新年を迎えられるのは

とても幸せなことだと感じるようになってます

 

『年の瀬』『新年』『良いお年を』

『明けましておめでとう』

 

社会なのか昔の誰かなのか勝手に決めた言葉や文化や時間の概念なのに

年末は何かを締めくくった気分になったり

年始は何かの始まりのような気がする

 

そんな一年の終わりや始まりの

見えないラインが引かれている

年末年始という文化の概念は割と好きです

 

 

自分の固まってしまった生活習慣や価値観などを

ぶっ壊して心機一転に何かを始めたりして

自分を変化させてみたくなる

 

 

そんな自身の変化に影響を及ぼす行為として

《旅》というものがある

ということで自分を癒し破壊させるべく

年末年始に旅へ出ていきました

 

 

 

✳︎        ✳︎        ✳︎        ✳︎

 

 

 

羽田空港のロビーから見る

異世界へ誘ってくれる

この鉄のカタマリを見ながら珈琲を飲んでいる瞬間は

f:id:ken03120:20210104030813j:image

最高に幸せな気分になれる

 

東京から2時間50分の空の旅

飛行機という非日常の空間も好きだし

その中での読書も大好きです

(旅先に持っていく小説を選ぶのも楽しい)

 

 

 

そして到着

 

 

《めんそーれ》

旅の始まりの合図
f:id:ken03120:20210104030822j:image

全身の細胞が蘇生して踊りだす

来たぞー!というエネルギーが満ち溢れる

 

 

外の気温は20°

半袖でも過ごせる最高の気候

この気候を求めて沖縄へ向かいました

 

いつもは常に低めのテンションですが

旅の開放感からテンションは30%増!

⭐︎まさに無敵状態⭐︎

 

 

さっそく空港近くのレンタカー屋さんへ

 

レンタカーの受け渡しも良い意味でルーズで

面倒な手続きが省かれスムーズな作業内容に

沖縄の良さを感じると同時に東京の面倒くささも感じた

 

 

 

車をビューーーンと飛ばして!!!

 

 

こちらへ

 

透き通った海に言葉を失う

沖縄へ来た。

f:id:ken03120:20210104105420j:image

時間を忘れてしまう…ほっと落ち着く

心が休まりました。波の音はいいですね♪

 

 

 

そして去年の沖縄旅行で食べて衝撃を受けた

お目当てのお店へGO


f:id:ken03120:20210104030825j:image

記憶のまま変わっておらず

お店の雰囲気も大好きです
f:id:ken03120:20210104030819j:image

 

《ベーコンダブルチーズバーガー


f:id:ken03120:20210104030816j:image

圧巻!圧巻!圧巻!

人間って本当に美味しいものを食べると

爆笑するんですね笑

大爆笑しながら、この怪物を無心で胃袋に流し込んだ

本当に美味しい!

ハンバーガーの概念が覆りますよ!

 

あまりにも感動してしまい

結論から言いますが今回の旅で

ハンバーガーを4回も食べてしまった

 

 

 

 

ホテルに帰り荷物を投げ捨て

パリパリしたシーツのベッドにダイブ!

この瞬間も大好きです
f:id:ken03120:20210104030829j:image

旅の初日のホテルは興奮して眠れない

その感じも大好きです

 

 

 

✳︎       ✳︎        ✳︎         ✳︎

 

 

 

朝の国際通りを散歩

f:id:ken03120:20210104031130j:image

旅先の朝の散歩も心地良いです♪

散歩を楽しめるって贅沢で幸せなことですね

 

 

お腹を満たすために
行ってみたかったお店へ
f:id:ken03120:20210104031122j:image

ホットドッグ屋さん

f:id:ken03120:20210104110948j:image

ペロリペロリと吸い込まれていった
f:id:ken03120:20210104110951j:image

とても美味しかったです

ここのお店もそうでしたが

沖縄のお店のスタッフさんは楽しそうに働いていて皆んな気さくな人が多い印象でした

楽しく働けるっていいものですね

 

 

 

✳︎        ✳︎        ✳︎        ✳︎

 

 


車で北上して名護方面へ移動

 

古宇利大橋を渡り『古宇利島』へ
f:id:ken03120:20210104031133j:image

ここの海はエメラルドグリーンでした

こんなエメラルドなグリーンを見たのは初めてでした

風も強くたくさんの子供たちが大はしゃぎして楽しんでいたのが印象的でした♪

 

 

テンションも上がってしまい古宇利島にある

よく分からないタワーへ登ることに

f:id:ken03120:20210104031251j:image

そしてよく分からないカートに乗り
f:id:ken03120:20210104031256j:image

よく分からないままGOした
f:id:ken03120:20210104031247j:image

よく分からない音楽が流れてきて♪
f:id:ken03120:20210104031244j:image

よく分からないまま頂上に到着

f:id:ken03120:20210104031239j:image

頂上もよく分からない感じだったけど

よく分からないまま登り、よく分からない感じも良かったです

 

 

 

移動。

 

 

 

今帰仁城跡』

f:id:ken03120:20210104031423j:image

世界遺産みたいです

 

ここは本当に行ってよかったです
f:id:ken03120:20210104031420j:image

日本のようで海外のような不思議な雰囲気の場所
f:id:ken03120:20210104031416j:image

綺麗に並ぶ石にアートを感じた
f:id:ken03120:20210104031426j:image

景色も素晴らしくて

歴史を感じられる素敵な場所でした

 

 

 

せっかく名護方面へ行ったので名護の街を散策
f:id:ken03120:20210104031409j:image

ここも独特の空気感がありました

初めての街をねり歩くのは楽しい

そしてハンバーガーをテイクアウト
f:id:ken03120:20210104031413j:image

ガッツリと肉肉しいハンバーグはいいですね

このキャラクターのロゴデザインはギリギリアウトなのでは?とも思ったけど

なんくるないさ〜精神でセーフですかね♪

 

 

 

✳︎        ✳︎        ✳︎        ✳︎

 

 

 

那覇市へ移動。

 

夜の国際通りを歩くのも楽しい

f:id:ken03120:20210104031535j:image

夜の街を歩いて人やお店などの雰囲気を感じるのも大好きです
f:id:ken03120:20210104031530j:image

悪い意味で元気な集団が多くて少しイラッともしたけど

そんな体験も旅先ならオールオッケー!

 

 

映画『怒り』で広瀬すずさんが被害に遭った公園にも行った
f:id:ken03120:20210104031527j:image

映画と同じで暗くて少し不気味な雰囲気でした

ロケ地巡りも大好きです

 

 

 

そしてこの旅のいちばんの贅沢

ドーーーン!!!!!!
f:id:ken03120:20210104031539j:image

石垣牛

庶民の自分には目ん玉が飛び出る価格

大切に噛み締めながら石垣の牛さんを堪能しました

やはりお肉は最高で最強ですね

ごちそうさまでした♪

 

 

 

そしてホテルに帰りベッドにダイブ!

帰ったら部屋が綺麗に清掃されてベッドメイキングされてるって有り難いですね♪

 

 

そして就寝。

 

 

 

今回はここまで、この続きは後編に綴ります

 

 

✳︎ken's沖縄の交通の豆知識✳︎

 

沖縄のタクシー飛ばしがち

沖縄の車道の地面は滑りがち

変なマークの動物飛び出し注意の看板ありがち

 

 

それではまたCiao!

2020年の総括

今年はコロナウィルスの影響で異質で記憶に残る不思議な一年だった

 

価値観や意思や生活など色々な事柄が個人個人に試され

 

その人間の道徳観や精神性が可視化されたのではないかと思う

 

どんな状況であれ自分というものを強く持って生きる事の大切さを実感した一年でした

 

人間力

 

環境の変化に臨機応変に対応できる生きる術を持つ

 

この能力が高い人と低い人とでは今年の印象は違ってくるのかと思う

 

その人間力を膨らませる為に必要な事のひとつに

 

好奇心

 

という感情があると思う

 

自分はこの好奇心という感覚をかなり大切にして生きている

 

いつまでも学ぶ姿勢を忘れずに好奇心を持って行動して生きていたい

 

今年も好奇心に動かされ色々な場所へ足を運ぶことができた

 

 

 

ちょうど1年前の年末年始は広島旅行からのスタートでした

 

 

 

『1月』

 

人生初の広島はとても興味深く考え深い旅になった

 

原爆ドーム

f:id:ken03120:20201222133429j:image

圧倒的でした。言葉になりませんでした。

戦争の爪痕が存分に伝わってきた

写真で見るのと実際見るのとでは雲泥の差があった

 

広島といえばコイツ↓

f:id:ken03120:20201222133500j:image

コイツを胃袋に入れた数時間後に…

悪寒&頭痛&関節痛

嘔吐&下痢&の無限ループ

まさか1月1日の元日に広島の病院に運ばれるなんて思いもしなかった…

人生で一番苦しい思いをした

もう生牡蠣を食べることは一生ないと思います

 

 

そんな苦痛からの年始のスタートを切った

 

 

 

 

 

『2月』

 

箱根彫刻の森美術館

へ行きピカソの作品を堪能


f:id:ken03120:20201222133449j:image

ピカソの作品は燃えたぎる熱量と子供のような遊び心を感じる

そんな人間味を感じるピカソさん大好きです

数年以内にスペインへ行きたい。

コロナ早く落ち着いてほしい

 

 

 

岡本太郎美術館』にも行った

f:id:ken03120:20201222133432j:image

太郎さんの爆発力も心に刺さりまくった

岡本太郎の芸術に触れると眠っていた細胞が生き返る感じがして心臓がバクバクと音を立てて興奮してしまう

 

 

 

 

 

『3月』

 

熱海にある『起雲閣』

太宰治が『人間失格』を執筆していた部屋f:id:ken03120:20201222133507j:image

自分の人生をぶっ壊してくれた怪物書物をここで執筆していたんだと思うと熱い気持ちが込み上げてきて

周りに誰もいないことを確認して

畳の上で寝転んでゴロンゴロンとしてやった

 

 

 

 

そして初めての沖縄へも旅をした

本当に素晴らしい場所だった

f:id:ken03120:20201225163722j:image

とにかく海が超絶にキレイでした
f:id:ken03120:20201225163729j:image

戦争の悲惨さと愚かさも実感した
f:id:ken03120:20201225163716j:image

平和な世の中になってほしいですね
f:id:ken03120:20201222133456j:image

心に残る貴重な体験ができた

人生で初めて住みたい思える街の沖縄でした

 

 

 

 

 

 

『6月』

 

上野『ロンドンナショナルギャラリー』
f:id:ken03120:20201222133435j:image

ゴッホの『ひまわり』は煌々とした光を放っていた

ピカソ岡本太郎とは違う哀しさや悲痛感が絵画から溢れ出ていた

作品には作者のすべてが剥き出しになるものなんでしょうね

 

 

 

 

 

『7月』

 

岡本太郎記念館
f:id:ken03120:20201222133452j:image

ここも良かったです。先週も行っちゃいました

太郎さん好きだなぁ!圧倒的に好きです!

協調性や空気を読むことを求められ

はみ出した人間を徹底的に叩いて抹殺する現代社会からは

もう岡本太郎のような奇抜で大胆で繊細な天才芸術家は生まれて来ないのかもしれませんね…

 

 

 

 

ここも行ってみたかった

『BARルパン』

f:id:ken03120:20201222133438j:image

太宰治が通っていたBAR

f:id:ken03120:20201225185617j:image

有名なこの写真のこの場所のこの席に座ることができて感無量♡

f:id:ken03120:20201222133424j:image

入店する際、心臓が張り裂けそうになり

今年いちばん緊張した場所でした

お店のスタッフは良い人だったので助かった

 

 

 

そして読書好きにとっては聖地の

古本屋さんが並ぶ街の神保町へも行った

 

今年、食べたものの中では一番ビックリした

ボンディのカレー

f:id:ken03120:20201222134123j:image

めちゃくちゃ美味しかった
f:id:ken03120:20201222133420j:image

絶対に行って食べてほしいカレーです

はちゃめちゃ美味しかったですよ!

 

 

 

 

 

『8月』

 

鹿児島〜熊本〜長崎〜福岡〜山口への

九州の旅へ行った

 

知覧特攻平和会館

f:id:ken03120:20201222134115j:image

当時の資料や展示がたくさんあり

ここは人生に一度は訪れなければならない場所だと感じた

 

霊巌洞
f:id:ken03120:20201222134129j:image

宮本武蔵が晩年を過ごした場所

空気が澄んでいて独特の雰囲気があった

 

 

平和祈念像
f:id:ken03120:20201222134101j:image

ちょうど終戦から75年の前夜に行けたf:id:ken03120:20201222134108j:image

子供から大人まで沢山の人が集まり

反戦と平和を願うイベントを開催していた

 

 

 

軍艦島
f:id:ken03120:20201222134119j:image

波が高くて上陸できず…

ゲロを吐いて引き返したのも今では好き思い出です…

 

 

 

遠藤周作文学館』
f:id:ken03120:20201222134111j:image

この場所も独特の雰囲気と空気感でした

海沿いにあって神秘的で天国のような場所にあり

かなりおすすめの場所ですよ

 

 

 

『巌流島』
f:id:ken03120:20201222134133j:image

宮本武蔵佐々木小次郎の決戦の場所

ここも良かったです

 

 

もつ鍋ってあまり美味しいと思ってませんでしたが
f:id:ken03120:20201222134125j:image

本場のもつ鍋は超絶に美味しかったです

もつ鍋後のおじやも最高でした!

 

 

 

 

 

 

『9月』

 

『舞台 かがみの孤城
f:id:ken03120:20201222134105j:image
人生初の舞台へ

セットと役者さんの生の熱が伝わってきた

辻村深月さんの小説も大好きだったので楽しめた

皆んながお洒落をして舞台を観に行く雰囲気も好きでした

 

 

 

10月は『note』も初めました

 

f:id:ken03120:20201224202158p:image

誰にもわからなくていいから

かなり個人的な、かなり細かな、日常で感じる

自意識の心理描写を綴ってみようと思い始めました

意外と共感してくれる人もいて驚きと嬉しさで感無量でもあります

更新頻度は少ないですが来年もマイペースで綴っていきますので宜しくお願いします

 

 

 

 

 

『10月』

 

星の王子さまミュージアム
f:id:ken03120:20201222133416j:image

作者のサン=テグジュペリさんは大好きです

ここへ行ってみて、この人の多様な才能には本当に驚いた

沢山のチャレンジをして痛みや苦しみを感じたからこそ数々の名作が生まれたんだと思う

《行動》することの大切さを感じました

 

 

 

 

 

『11月』

 

新潟へ旅に出た

坂口安吾 風の館』
f:id:ken03120:20201222133446j:image

当たり前ですが行ってみたかった場所に実際にに行くのは素晴らしいですね

 

創業109年の世界最古級の映画館

『高田世界館』
f:id:ken03120:20201222133441j:image

ここもめちゃくちゃオススメです!

映写室も見学できます

f:id:ken03120:20201228113809j:image

映画好きは絶対に行ってほしいです

 

 

川端康成の『雪国』に出てくる駅にも行きました
f:id:ken03120:20201222133504j:image

小説を読んでその物語に登場する場所へ実際に行くのも楽しいですね♪

こういうの大好きです!

 

 

 

✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎

 

 

今年も好奇心に身を任せて

広島。関東。沖縄。九州。新潟へと

色々な場所へ旅することができた

 

各地の美術館や資料館などへも行った

 

読書は111冊の本を読んだ

 

映画は劇場&自宅鑑賞を含め404本の映画を観た

 

旅や歴史や芸術や本や映画からは学べることはとても多い

 

自分という人間の90%程はそれらの学びやエネルギーから形成されているといってもいい

 

もちろん学ぶ為に体感しているのではなく

 

好きで楽しくて仕方がないので堪能をしている

 

《好きなことをするのは楽しい》

 

そんな自分の好きな事柄でSNSを通して皆さんと繋がれるのは

 

本当にありがたくて感謝の気持ちでいっぱいです

 

皆さんには『ありがとう』の言葉しか浮かびません

 

自分みたいな無愛想で偏屈な人間と関わってくれて

 

本当にありがとうございます♪

 

 

 

 

さて今年の年末年始は東北地方へと旅してみようと思い

 

ホテルやご飯屋さんを予約していました

 

しかしあまりにも寒いので直前で変更して暖かい土地へ向かうことにした

 

3月に行ったばかりの土地ですが好奇心が爆発してしまったので

 

明日から沖縄へ旅に出てきます

 

なので年末年始は沖縄でのんびりと過ごして楽しみたいと思います

 

来年はどんな年になるでしょうか

 

来年も自由に気ままに綴っていきますので

皆さん宜しくお願いします♡

 

f:id:ken03120:20201228115912j:image

 

少し早いですが皆さん良いお年を♪

 

それではまた来年Ciao♡

11月 自宅鑑賞映画ベスト10

 

12月に入り寒くなってきましたね

 

夏の暑い時期も嫌いですが冬の寒さも苦手です

 

寒いと外に出たくなくなるので

 

自宅の暖かい部屋でコーヒーを飲みながら

 

映画鑑賞をする人も多いかと思います

 

 

 

11月は20本の映画を自宅鑑賞しました

 

その中から独断と偏見でランキングにしました

 

 

 

 

それではどうぞ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10位

ティファニーで朝食を

f:id:ken03120:20201201111037j:image

オードリー・ヘプバーンの魅力的な美しさ

オードリー・ヘプバーンの自由奔放な姿

オードリー・ヘプバーンとニューヨークの街並

オードリー・ヘプバーンの為に作られた

オードリー・ヘプバーンの映画でした

《美しい》ってだけで観ていられますね

カポーティの原作も読んでみたくなった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9位

ビジランテ

f:id:ken03120:20201201123542j:image

ドラマや小説や漫画などの原作ものの映画が多い中で

こういう骨太でエネルギーに溢れる

オリジナル作品の映画はそれだけで価値があると思う

入江悠監督の描く人間模様は大好きです

般若さんみたいな怖い先輩は街に1人はいましたね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8位

前田建設ファンタジー営業部

f:id:ken03120:20201201111044j:image

コメディ映画って全てのジャンルのなかで

いちばん難しいジャンルだと思います

それだけ《笑いと映画》の相性は悪いと思う

しかしこの映画は絶妙なラインのバランス感覚で

バカバカしい物語を軽快なテンポで進む推進力は感心するほど楽しめた

何よりも演者が楽しそうに演じている雰囲気が好きでした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7位

ぼくのエリ 200歳の少女
f:id:ken03120:20201201111154j:image

《子供、ヴァンパイア、恋愛》

この設定だけで気分は最高潮に高ぶり

この世界観に没頭した

北欧の建物や自然や雰囲気も

映画の不穏な雰囲気にマッチしていた

切なくも悲しい恋愛映画でした

このジャケット写真だけでも心躍る

 

 

   

 

 

 

 

 

 

 

6位

ゲッタウェイ
f:id:ken03120:20201201111150j:image

自分が思う数少ない映画スターのひとりの

スティーブ・マックイーン

存在しているだけで絵になる役者さんです

1972年の映画でも全く色褪せる事のない

脚本も素晴らしいエネルギーに溢れた名作です

昔の格好いいと今のカッコいいでは

大分違いがある印象です

 

 

 

 

 

 

 

 

5位

『よこがお』

f:id:ken03120:20201201124621j:image

人生はほんの些細な事から転落してしまう

自分の意思ではどうにもならない事で幸福にも不幸にもなる

人間は多面的で複雑な生き物

感情や雰囲気で敵にも味方にもなってしまう

『よこがお』ってタイトルも文学的で好きです

筒井真理子さんの犬の憑依は最高でした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4位

『永遠に僕のもの』
f:id:ken03120:20201201111256j:image

ペドロ・アルモドバルがプロデュースする

実在した“美しき”連続殺人犯の少年を描く

平然と嘘や盗みや人殺しをする

想像力に欠け欲望にストレートな人間は恐ろしいですね

そんな極悪な人間は映画の中だけだったら最高に魅力的に映った

容姿の良い悪いで世間のイメージが左右されてしまうのも怖い…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3位

『MOTHER』
f:id:ken03120:20201201111359j:image

救いようのない母親の物語

クリーンなイメージの長澤まさみさんの

役者人生の岐路になった作品だと思う

子役の男の子も素晴らしかった。今後も期待して追っていきたい役者さんです

役者さんの変化だったり新人の発見だったりできる事も

映画の楽しみのひとつだと思う

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2位

横道世之介

f:id:ken03120:20201201130028j:image

なんだよく分からないけど好きな映画

言葉や文章では説明できないけど好きな映画

なんか好きで何回も観てしまう映画

そして頭の中に横道世之介が生き生きと生存している

登場人物を愛せる映画は相性の良い映画だと思います

好きなシーンばかりでした

 

 

 

 

 

 

そして今月の1位は…

 

 

 

 

 

 

 

 

1位

『岬の兄妹』
f:id:ken03120:20201201111405j:image

社会の底辺で懸命に生きる人間の物語は大好きです

そんな底辺の人間を描く映画の中でも

この映画の主人公は飛び抜けて大底辺にいる

表現の自由を疑ってしまう程のクソ人間のクソみたいな

主人公の下劣で壮絶な生き様に愛が芽生えてしまった

おそらく殆どの人が不快に感じる映画だとは思いますが

自分はそんなダメな人間を描く映画や表現が大好きです

文句なしの今月のトップでした!

(かなり振り切った表現なので観る観ないの判断は自己責任でお願いします)

 

 

 

 

 

今月もたくさんの素晴らしい映画に出会えました

 

f:id:ken03120:20201201131510j:image

 

いや〜映画って本当に素晴らしいですね!

 

 

 

それではまたCiao!

 

 

 

『新潟旅行記②』

 

夢のような完璧な旅から帰ってきて

 

無情にのしかかる日常の重い生活は

 

耐えがたいほど心を疲弊させる

 

いっそのこと楽しい旅になんて出なければ

 

こんな思いをしなかったと自問自答を繰り返す

 

そしてまた旅に出たいと強く願ってしまう

 

 

 

 

 

 

新潟駅から上越方面へ移動

 

 

高田駅

 

f:id:ken03120:20201115215331j:image

 

どこかへタイムスリップしたような街並み

 

初めて訪れる街はワクワクする


f:id:ken03120:20201115215316j:image

 

なので散策も楽しい

 

懐かしいが詰まった印象の街で

 

ジロジロとチラチラと舐め回すように歩いた

 

 

 

そして今回の旅のメインでもある

 

憧れの聖地へ

 

 

 

 

ジャン!!!

 

 

 

『高田世界館』


f:id:ken03120:20201117095738j:image

 

明治44年に開業の映画館

 

今から109年前からある映画館

 

109年って………すごい。

 

目に入ってきた瞬間ジ〜ンときてしまった


f:id:ken03120:20201115215324j:image

 

現役で営業している映画館としては日本最古級みたいですね


f:id:ken03120:20201115220221j:image

 

あぁ最高だ!

 

建物の至る所に歴史を感じる幸せ!


f:id:ken03120:20201115215305j:image

 

建物自体が芸術作品といってもいいと思う


f:id:ken03120:20201115215256j:image

 

映画館のセットのようなレトロなロビー


f:id:ken03120:20201115215302j:image

 

館内に入った瞬間ゾワッとした


f:id:ken03120:20201115215327j:image

 

歴史の積み重ねにエネルギーを感じた


f:id:ken03120:20201115215320j:image

 

なんと!映写室にも入ることができた


f:id:ken03120:20201115215312j:image

 

ニュー・シネマ・パラダイス』のあの少年になった気分♪

 

素敵だ!素敵すぎる!

 

 

 

高田世界館は

 

映画好きなら絶対に行ってほしい場所です

 

そんな貴重な体験ができる素敵な映画館でした

 

 

 

 

 

 

長岡市へ移動

 

ここも行ってみたかった場所

 

夜のライトアップをしている

 

『もみじ園』

 

f:id:ken03120:20201115215354j:image

 

夜の紅葉狩りもいいですね


f:id:ken03120:20201115215401j:image

 

自然って素晴らしいですね


f:id:ken03120:20201115215417j:image

 

こういう事に幸せを感じられる年齢になってきました


f:id:ken03120:20201115215412j:image

 

駐車場に車を停めて夜空を見上げたら

 

満点の星空で、見上げて10秒で

 

奇跡的に流れ星を見ることができた

 

静かで満点の星空に宇宙を感じた

 

紅葉も星空も自然からのエネルギーは強い

 

こんなに素晴らしいのに《自然は無料》なんですよね

 

自然にこそ本当の幸せが詰まっている気がしてます

 

 

 

 

 

 

長岡駅へ移動


f:id:ken03120:20201115215405j:image

 

夜ご飯のお店を探しながら街を散策


f:id:ken03120:20201115215408j:image

 

やはり新潟の人は元気で明るい印象でした


f:id:ken03120:20201115215351j:image

 

居酒屋さんで新潟の郷土料理を食べてホテルで爆睡。

 

早朝からの長距離移動でさすがに疲れました。

 

 

 

 

翌日。

 

 

 

早起きして朝の長岡駅周辺を散策

 

f:id:ken03120:20201115215846j:image

 

青空と空気が澄んでいて気持ち良かった

 

f:id:ken03120:20201117120530j:image

 

旅先の朝の散歩は贅沢で大好きです


f:id:ken03120:20201115215857j:image

 

路地に入ったりして長岡の街を全身で感じ歩いた

 

 

 

素敵なカフェを見つけたのでモーニング

f:id:ken03120:20201115215820j:image

 

旅先でのモーニングも最高の瞬間ですね

 

店員さんの人柄も良く素敵な時間を堪能できた

 

 

 

 

 

そして長岡から南下して

 

魚沼市


f:id:ken03120:20201115215827j:image

 

ここはより一層、空気が澄んで感じた

 

そしてお目当てのお店へ


f:id:ken03120:20201115215831j:image

 

蕎麦屋さん

 

新潟といえば『へぎそば』ですね

 

めちゃくちゃ美味しかった


f:id:ken03120:20201115215854j:image

 

とろろ&鴨汁でいただきました

 

新潟は水が美味しいんでしょうね

 

普通に出てきたお茶や水も美味しく感じた

 

 


f:id:ken03120:20201115215835j:image

………。

 

 

 

 

 

そして魚沼といえば

 

『お米』

 

行ってみたかった。おにぎり屋さんへ


f:id:ken03120:20201115215839j:image

 

並びましたが美味しかったです

 

結局、塩むすびが一番美味しかったです

 

 


f:id:ken03120:20201115215850j:image

…………………。

 

 

 

 

 

 

移動してある文豪の有名な小説の舞台へ

 

 

 

国境の長いトンネルを抜けると雪国であった

 

 

有名な冒頭の一文ですね

 

 

 

土樽駅

 

f:id:ken03120:20201117105820j:image

 

川端康成の『雪国』の舞台となった場所


f:id:ken03120:20201117105825j:image 

 

山奥にポツンとある人の気配のない駅


f:id:ken03120:20201117105810j:image

 

ここで川端康成はインスピレーションが湧いて

 

『雪国』を創作したんでしょうね


f:id:ken03120:20201117105813j:image

 

静かで不思議な空気感のある駅でした


f:id:ken03120:20201117105817j:image

 

ここで川端康成は何を感じたんでしょうかね

 

行きたかった場所へ実際に足を運んでみると

 

とても無敵な気分に浸れる

 

 

 

 

 

1泊2日でしたが

 

今回の初めての新潟の旅は

 

天気、気候、気温、紅葉が

 

絶妙&絶景でとても楽しい旅になった

 

f:id:ken03120:20201115220050j:image

 

旅は自分を成長させてくれ

 

心を豊かにしてくれる

日本にもまだまだ素晴らしい場所がありそうですね


新潟県は素晴らしい場所でした

 

 

 

 

もちろんお土産もゲット

 

f:id:ken03120:20201116115721j:image

 

年末年始もどこか旅へ出たいと思ってます

 

 

f:id:ken03120:20201117122450j:image

…………………?

 

 

それではまたCiao!

 

 

『新潟旅行記①』

 

旅に出たい!

 

日常に嫌気がさすと、こんな気持ちになる

 

すべてを捨てて自由に旅立ちたい願望に駆られる

 

すべてを捨てるの現実的ではなので

 

1泊2日の旅を計画。

 

どこへ行こうか悩んだ

 

行ってみたい場所は沢山あったので迷った

 

いつもそうだが最終的には自分の直感に従う

 

それが一番いい選択の仕方だと、いつも感じている

 

 

 

 

 

東京から新潟まで高速道路で

 

約4時間30分のドライビング

 

旅の出発はいつでも気分が高揚する

 

夜明け前の早朝に東京を出発

 

徐々に夜が明けていく空にも希望を感じる

 

素敵な朝の空

 

f:id:ken03120:20201115214326j:image

 

サービスエリアで車を停めて

 

朝の空気を吸い込む

 

ひんやりして心地良い

 

少し車を走らせるだけで非日常を感じられる

 

だから旅は素晴らしい

 

 

 

 

関越トンネル 


f:id:ken03120:20201115214336j:image

 

11kmもある長いトンネルにタイムスリップ感を体感する

 

トンネルを開通させてくれた先人たちに感謝です

 

 

 

再びサービスエリアへ 


f:id:ken03120:20201115214333j:image

 

なんかサービスエリアって好きなんですよね

 

大小限らず無条件にテンションが上がります

 

だから無駄に寄ってしまいます

 

 

 

新潟のご当地グルメ


f:id:ken03120:20201115214340j:image

 

タレカツ丼で朝食

 

美味しかった。旅に食は欠かせませんね。

 

 

 

サービスエリア内の展望デッキから


f:id:ken03120:20201115214415j:image

 

信濃川を発見。

 

新潟県に来たぞ!と感じる事ができた

 

 

 

 

 

そして今回の旅のメインでもある

 

 

 

こちらへ

 

 

 

 

ジャン!


f:id:ken03120:20201115214343j:image

 

坂口安吾 風の館』

 

新潟は坂口安吾の生まれた故郷

 

そんな理由で新潟に来ました

 

この古風な外観だけでもヨダレが出る


f:id:ken03120:20201115214348j:image

 

館内はいきなり坂口安吾がお出迎え


f:id:ken03120:20201115214351j:image

 

写真や資料などがあり興奮


f:id:ken03120:20201115214357j:image 

 

直筆の原稿用紙なども展示してあり大興奮

 

辛辣に突き刺す文章を書く作家さんなのに

 

丸くて可愛らしい文字だったのに少し驚きもして和んだ


f:id:ken03120:20201115214330j:image

 

部屋が超絶に汚かったというエピソードは何となく納得できた

 

自分は太宰治からの影響で坂口安吾を知った

 

両者の作品を読むと

 

2人が仲が良く切磋琢磨している感じが伝わり

 

羨ましくもなる。

 

そんな関係性って素晴らしいですよね

 

大満足!来てよかったです!

 

 

 

 

風の館の周辺を散歩


f:id:ken03120:20201115214406j:image 

 

天気も良く気持ちいい

 

旅先で天気が良いのは本当にラッキーな事だと思う

 

新潟ってイチョウの木が多い印象でした


f:id:ken03120:20201115214411j:image

 

綺麗な黄色ですね

 

 

そして

 

 

坂口安吾の生誕100年を記念して建立された

 

f:id:ken03120:20201115214322j:image

 

坂口安吾生誕碑』

 

後世の人にも愛される作家さんだという証ですね

 

 

 

 

 

 

新潟駅へ移動。

 

そして昼食

 

新潟といえば長岡ラーメンですね

 

f:id:ken03120:20201116041619j:image

 

ネット調べですが有名なお店みたいです

 

少し並びましたが並んで大正解!

 

ほんのり生姜の味がして超好みでした

 

f:id:ken03120:20201116041611j:image

 

シンプルで美味しかったです

 

 

 

満腹&満足感で新潟駅の周辺を散策


f:id:ken03120:20201116041614j:image

 

飲食店などのチェーン店があまり無い街で

 

綺麗で好印象な街並みでした

 

街行く人に目と耳を傾けてましたが

 

人は明るくて元気な方が多い印象でした


f:id:ken03120:20201116041622j:image

 

やはりイチョウの木が多かったです 

 

 

 

 

 

 

そして

 

行ってみたかった映画館へ

 

 

『シネ・ウインド』

 

f:id:ken03120:20201116041649j:image

 

創立35年のミニシアター

 

外観も内観も素晴らしかった

 

35年って素晴らしいですよね


f:id:ken03120:20201115214518j:image

 

ホームページで読みましたが

 

この映画館の仕組みが興味深いです

シネ・ウインドとは | 新潟・市民映画館 シネ・ウインド


f:id:ken03120:20201115214526j:image

 

上映ラインナップも渋く素晴らしかった

 

映画が始まる前にスタッフがスクリーン前に出てきて

 

ハンドマイクで注意事項や

 

今度公開される映画の解説を丁寧に話してくれ

 

そのアナログな感じも良いなと思えた

 

旅先で映画鑑賞なんて贅沢です!

 

本当に素敵なミニシアターでした♡

 

 

 

 

 

 

 

 

映画を観てから河川敷へ移動。



 

信濃川 


f:id:ken03120:20201116045220j:image

 

新潟県と長野県を流れる日本一長い川。

 

爽やかな風が吹いて

 

とにかくここの河川敷は絶景でした

 

そしてとにかく天気が良かったです

 

テンションが上がって思わず


f:id:ken03120:20201115214531j:image

3年B組!!!

 

って叫びたくなりました笑

 

 

 

 

 

高速道路に乗り移動

 

 

上越方面に

f:id:ken03120:20201116044905j:image

ここからここへビューンと移動。

 

 

 

上越市高田へ

 

新潟駅とは違ってレトロな雰囲気の街並み

 

f:id:ken03120:20201115214749j:image

 

こういう街並みもいいですね♪

 

昔の木の匂いがして心地良い

 

 

そしてこちらへ

 

 

 

夏目漱石も愛して

 

小説『坊っちゃん』にも出てくる

 

『笹飴屋さん』

 

f:id:ken03120:20201115214757j:image

 

創業113年の老舗のお店

 

夏目漱石なんて大昔の存在していない

 

偉人のような感覚がありますが

 

こうしてゆかりの地を訪れてみると

 

少しだけ夏目漱石を近くに感じる事ができました

 

店内も風格がありましたよ♪

 

 

 

 

 

このあとに映画好きなら興味が湧く

 

絶対に行きたかった場所へ行ってきた

 

目に入った瞬間、本当に感動をしました

 

 

ですが今回はここまで。

 

f:id:ken03120:20201115214951j:image

 

 

✳︎ken's どうでもいい漢字情報✳︎

 

新潟の『潟』という漢字の

臼←(この部分)って未完成の感じがあって

なんか愛おしくなってしまう

『臼』

上から小銭を入れて貯金箱にしたくなる漢字です

 

 

 

それではまた明日、Ciao!

 

 

10月 自宅鑑賞映画ベスト10

 

現在は映画館に人がたくさん集まっている

 

少し前のガラガラな時を考えたら不思議な感覚

 

映画館が賑わうのはとても喜ばしいことです

 

これを機に映画ファンが増えるといいですね

 

 

 

 

10月も映画に溢れた素敵な日々でした

 

25本の映画を自宅鑑賞しました

 

その中から独断と偏見でランキングにしました

 

 

それではどうぞ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10位

『ブルーアワーにぶっ飛ばす』

f:id:ken03120:20201103115207j:image

 

女性のバディ映画って意外と少ない印象です

この2人の男っぽいノリとテンションと空気感が

とにかく魅力的で好きでした

黒田大輔さんのあのキモい感じは反則級ですね

出てきただけでテンションの上がる役者さんです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9位

『工作 黒金星と呼ばれた男』

f:id:ken03120:20201103115256j:image

 

北朝鮮へ潜入する韓国の工作員のスパイ映画

実話&スパイ映画。

この2つだけで魅力的に感じる

国家間では敵同士でも個人間では友情が芽生えるのは

とても人間的で大好きです

疑心暗鬼になりながらも2人の距離が縮まる

そんな人間描写が丁寧に描かれていた映画。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8位

『リチャード・ジュエル』
f:id:ken03120:20201103115228j:image

 

こちらも実話を元にした映画

《事実と真実と警察とメディアと世間》

それらの問題をクリント・イーストウッド監督が強く提起した思慮深い映画でした

報道次第で群衆を洗脳できてしまうのは恐ろしい事ですね

とにかくサム・ロックウェル最高!という感じでした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7位

シコふんじゃった
f:id:ken03120:20201103115246j:image

 

超大好きなわけではないけど

地上波やBSなどで放送されていると

絶対に観てしまう

そういう映画ってありますよね

斜陽な相撲に打ち込む青年の姿は魅力的でした

周防監督作品ではいちばん好きな映画です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6位

ケープ・フィアー
f:id:ken03120:20201103115250j:image

 

この役のロバート・デニーロは大好き!

狂気が全身から溢れ出ていて震える

法律のチカラと狂気のチカラを持ち合わせた

《法を学んだ狂人》っていちばん怖いですね

スコセッシ監督とデニーロが組む映画にハズレなし!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5位

マディソン郡の橋
f:id:ken03120:20201103115239j:image

 

《ドアを優しく閉める何気ないシーン》

それだけで相手の性格ってわかりますよね

世間体や倫理観なんて吹き飛ばして

自分の心に素直になって

いつまででも本能で生きていたいなと思えた

切ないラストシーンは

クリント・イーストウッド監督らしくて大好きです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4位

『サウスポー』

f:id:ken03120:20201103132240j:image

 

栄光から挫折をして自暴自棄になるも再起を図る

こういう紆余曲折ある映画は大好きです

過去作も含めてボクサー役を演じる役者って

名優が多いと思う

ジェイク・ギレンホール素晴らしかったです

ボクシングってドラマが生まれやすいです

故にボクシング映画は名作が生まれる!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3位

『フォードvsフェラーリ

f:id:ken03120:20201103132906j:image

 

『映画は映画館で観る』を改めて証明してくれた映画

自宅でもこの迫力と面白さだったのだから

『映画館で観たかった』そんな風に後悔してしまう映画ってありますね

もう一度、映画のスクリーンで観たい

『映画を観たぞ!!』って感じの

ロマン溢れる素晴らしい映画でした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2位

羊たちの沈黙
f:id:ken03120:20201103131602j:image

 

アンソニー・ホプキンス

ハンニバル・レクター博士。

この役の狂気っぷりに影響されて模倣された

映画や役者はめちゃくちゃ多いと思う

そういう意味でも革命的な映画だったと思う

自分の中の映画狂人ランキングはトップクラスです!

この作品を『恋愛映画』と表現した人のセンスは大好きです

 

 

 

 

 

 

 

 


そして第一位は…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1位

『架空OL日記』
f:id:ken03120:20201103115236j:image

 

大好き!大好き!大好きです!!

すべてが好き過ぎる!!!

ずーーーーっと見ていたい!!!

そして誰かと語り合いたい!

この映画が好きな人とは友達になれそうです!

映画として、どうこうだと言う野暮な理屈なんてどうでもいいです。

好きなものは好きなんだから、それでオッケー!

続編やってほしいです。

ドラえもんクレヨンしんちゃんのように

毎年公開する国民的な映画になってほしい!

 

 

 

 

 

 

 

今月もたくさんの映画に救われました

 

 

f:id:ken03120:20201103120442j:image

 

いや〜映画って本当に素晴らしいものですね

 

 

 

 

【番外編】

『監視資本主義: デジタル社会がもたらす光と影』

f:id:ken03120:20201103115243j:image

 

NetflixのオリジナルですがSNSやインターネットの恐ろしさを知れるドキュメントです

GoogleFacebookAmazonTwitterなどを作った

偉い人たちの恐ろしくもリアルな言葉が聞けます

彼らの子供にはスマホを持たせない人が多いことに驚いたし納得もした

人類は頭の良いお金持ちにコントロールされてるのかもしれないですね

気をつけたいですね。もう手遅れだろうけど…。

 

 

 

それではまたCiao!